DENKAN

汚染土壌電子管理システム

汚染土壌の管理票を電子化した新しいシステムで、作業の効率化を図るとともに、
リアルタイムに運搬・処理状況を確認することで不適正処理等を防止します。

DENKANのイメージ

DENKANのメリット

  • 事務作業の効率化

    • 電子化によってペーパーレス化が可能となります。
    • 事務作業員のデータ入力作業が軽減します。
    • 運搬車両ドライバー等の管理票への記入作業がなくなります。
    • リアルタイムで運搬、処理状況の確認が行えます。
    • 管理票の保管場所を削減できます。
  • 透明性の確保

    • ICカード管理により運搬状況を正確に把握できます。
    • GPSデータにより搬出、搬入場所を特定できます。
    • 電子化と作業の自動化によりデータ改ざんを防止します。
    • 二次管理票の紐付けが容易となり最終処分等の確認も行えます。
  • 統計情報の提供

    • 電子化によって社内での情報管理が容易になります。
    • 情報管理の標準化によって各種統計情報の作成も自動化できます。
    • 将来的には、都道府県等への汚染土壌処理等に関する届出・報告の電子化を目指していきます。

DENKANは
3ステップで簡単!便利!

DENKANの普及により、汚染土壌処理業界の発展と土壌環境の健全化を目指します!